2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

* information *
■新着エントリー
 ・04-18  ※ひとり和菓子屋さんごっこ
 ・03-04  ※ニットとフェルトのハーモニー。そしてビーズ
 ・03-03  ※お干菓子
 ・02-23  ※おひさです
 ・07-03  ※ある休日の晩ごはん

■お出かけ情報
 ※ボスと吉祥寺散策
  快晴のある日、ランチがてら散策。友人から聞いていた
  中古雑貨のお店へ…。新品もありステキ。
  プロム・ナドゥ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は雨、そしてお休みの日。

数日前に作っておいた「こしあん」を変身させるのだっ!
久しぶりの和菓子屋さんごっこ(人格疑わないでね)。

ほんじつは、大和芋で生地を作る「上用まんじゅう」。
大和芋の粉で作ると、失敗は無いのはわかりつつ…どうしても芋を摺りおろす
ところからやりたいノダ。

画像ではわかりにくいけど、焼き印は「青海波」。お抹茶を溶いたものを筆で
ひと書き。2個とも同じ生地だけど、包み方が違うだけでこんなに表情が違うっ。

「わたくし、お茶席などにもお呼びがかかりますのよ。おっほっほ?」みたいな
位置付けのエリート饅頭だけど…包み方によっちゃぁ、田舎まんじゅうに
なってしまうやんけ?。
『饅頭の上に饅頭を作らず』って福沢のゆきっつぁんも言ってるしぃ?。
上用まんじゅうよ、おごる事なかれ。

まずい、一瞬、饅頭界にトリップしてしまった。

本日は、大福いんげん豆をこしあんにして、ここで和菓子屋さんごっこ終了?。
次は何に変身させられるのか…。

070418_1730~01.jpg 070418_1734~01.jpg

スポンサーサイト
我が家に、あったかコースターがやって参りました。
表は手編みニット。裏は同系色のフェルト。

あらら、手になじんだこのカップ、合うんじゃな?い?
でも普段から食べこぼし、飲みこぼしが多いワタシ。
ランチ時はいつもボスに注意されてるんだった…大事に使おっと。
せっせと作って下さったKさんにリスペクト…って、ラッパーか。

さて、今まで何度か話題に上ったというか勝手に話題にしていた「ボス」とはどこぞの誰ぞ?
って事で、これまた勝手にご紹介。

空き瓶好きで、何事にも「ビックリし過ぎ」気味なボスですが、どうぞ宜しく。
素敵なモノを生み出すボスのチカラに、リスペクト。(ラッパーかってぇの)
おしゃれ好きな方は、是非見てみて?。
明日3月5日(月)午前10:00にはホームページをリニューアル。
さらにバージョン、いえ、ヴァージョンアップしてヒアウィーゴー!
HEI YO!チェギラッチョ。

ホームページはこれっ
http://www.amitie-beads.com
ブログも是非っ
http://amitiebeads.blog86.fc2.com/

070304_1355~01.jpg

その名を…艶干し寒天と申す。
ゼリー菓子、保存版とでも申しましょうか。

お茶席などで供される華々しい主菓子とは違って、ほとんど注目
される事のない干菓子…
干菓子、ファイトですっ!ファイ、オ、ファイ、オ、ファ?イ!

ハチミツ漬けにしておいた青柚子と一緒に煮詰め、数日、干したもの。
ちょっぴり金粉を散らし、砂糖でお化粧。あ、あ、甘いっす。

抜き型で一番のお気に入りは瓢箪。右側はクッキー型として売っていた
うさぎ。一緒に「牛」とか「豚」とか入ってましたわ。
クッキーなら有りだけど、どんなにラフなお茶席だとしても、牛とか豚の
「四つ足」のお菓子ってどうなんだろう…。勇気が出なくて試してない。

麻のナプキンとも良く合ってる?

070304_1349~01.jpg 070304_1346~01.jpg


♪おぼえています?わたしの?こと?♪ byあべ しずこ
ってな位ご無沙汰しておりました。万人に何人かご覧の
皆様こんにちは。meは元気です。

そして…愉快な夫もこんな事をしながら元気に暮らしています。

独りの夕食で、独り楽しそうに過ごした様子が伺えます。
独りの夕食は、何故か必ず畳の部屋に新聞紙を敷いている様なのです。
ちなみに画像は、一人用土鍋での「おでん」。

img052.jpg

060702_2046~01.jpg 060703_1737~01.jpg


休日。

今日の夜は以前から気になっていた、ちょいと高そげな「お寿司屋さん」に行ってみようかという事に。とは言え、その前にやらねばならぬのが、一週間の主な食材の買い出し。
しか?し!そこで運命の出会い!見事なネタの刺身盛り合わせ。顔を見合わせ「これでいっか」。(正直言うとほんのちょっぴりだけ、悲しいなり行きだなぁと思ったりもしたけど)

ってな事で、帰宅後本日のメインイベント、「にぎり寿司」!
めったにやらないから、にぎり飯がデカイのなんの。わさび塗り過ぎて辛いのなんの。色々難ありだったけどウマ?イ!お寿司はネタが良いにこした事はないかもしれないけど、酢飯がポイントかも?と実感した日。食べ残しと、力強い味方をピンぼけアップでご覧あれ。

980円で宴なり。あ?、本日も安上がりで大満足っす。
060629_1101~01.jpg


先日、ボスから山形の「佐藤錦」をちょーだいし食す前に記念撮影。この時期になると山形からチョー高級さくらんぼを送って下さる方がいる。

山形シスターズ(ここで勝手に命名)のお一人でナイスキャラクターのかわいいその方から届くさくらんぼ。ご実家で作られているそうで、それはそれは美味。ボスも私も、今年はスーパーや八百屋に並んでいるさくらんぼ達を極力見ない様にし、そのさくらんぼを「初物」にする事にした。

高齢にもかかわらず、最近ケンタッキーにハマっているという、これまたヒャッホー!な、おじい様の代から色々な果物を作ってらっしゃるとか。山形大好きな私としては、おじい様やおばあ様の作られた畑を、是非拝見してみたいなぁと思いながらおいしく頂きました。

やまが?た、いいと?こ、一度?は?おいで?ちょいな、ちょいなっ。
……どこか違ってる?
060623_1215~01.jpg 060623_1224~01.jpg 060623_1229~01.jpg


長芋、発芽宣言。大きな紙袋に保存していた長芋。数ヶ月ぶりに開けてみたら
こんなん出ましたけど?。キャラにないハズなのに、思わず「きゃーっ!」とか
言ってしまった。でもブリキのジョーロに入れたらなんとなくアート?不気味
がってごめんねって感じ。

そしてもう一方…里芋より発芽宣言。煮たり焼いたりされるよりよかったよね、
きっと。(コメントが前向きすぎ?)外での記念撮影の直後台から落下、貴重な茎が…。
お気に入りのさしみ醤油の空き瓶に挿してみた。芋たちよ、出来る限り命を全うしてちょっ。ちなみに、空き瓶収集はバイト先のボスの影響。ボスの収集力には到底かなわ
ないっ!

え?、長芋に関しては今後の成長ぶりをご紹介したい所存。
060529_2126~01.jpg  060602_2121~01.jpg

カランカラ?ン(金の、あっいえ鐘の音) 
今年もかわいらしい初夏到来のお知らせが届きました。昨年6月にもブログに記録していた「グリーンピース」の子供たち?です。丁寧に皮むきしてくれた友人とそのご家族に再びありがとう!です。

こんな姿になりました。まずはゆでてマヨネーズで「ワシワシ」食べる。
また別の日、金時芋と蒸し煮にして塩のみで「ワシワシ」食べる。
美味しい美味しい、おいすぃ?っ!!!
正直申し上げて、来年も「ワシワシ」食べたいのでどうぞ宜しくお願い致します。

初夏のお知らせというより来年の催促となってしまいました事、訂正してお詫び申し上げます。




060528_0858~01.jpg  060528_0857~01.jpg


最近まで可愛らしい「花」より「草木」が断然好きだったのに、近年なぜか「草花」にも惹かれる様に。昨年、花が終わって葉だけになっていた紫陽花の鉢植えを買った。今冬の寒風にも負けずきれいな花を見せてくれている。真っ白から徐々に色濃くなり今は見事なパーポー、あっ、一文字でいうと紫?

もう一つはバラ。「アンドレア」という品種とか。シックな色合いと愛らしい花に一目惚れして吉祥寺のかわいらしい花屋さんで購入。これまた紫。

かわいらしい花も、バラも、紫も決して好きとは言えないものの一つだったのに……。こういう変化って自分でも不思議な感じ。好きなものが嫌いになるのは何だか寂しいけど、その逆って…やっぱり少し不思議な感じ。でも、こうして変化して変化して、かわいいババァになりたいなぁ。けど、がんこ者だから数百年かかるかも。


060504_1457~01.jpg

ある日のお昼…キャベツたっぷり入りの「サッポロ一番塩らーめん」。
年代もののお盆にのせたら、なんだか急に畳の上が似合う気がして…記念撮影。

わざと、あぐらをかいて、かっ込んでみた。横で「え?っ?」っという声も聞こえたり
したけれどドンマイ!(古っ!)
いっとき、昭和スタイルを(勝手にイメージしたものですけど…)満喫させておくれで
ないかい?。

さて、小さい頃から実家にあったこの年代もののお盆。実家から離れてかなりの年数を
経たある日、急に気になって母に譲ってもらったもの。そのお盆の物語?をつい最近
知るところとなった。ますます愛おしくなった。

母がまだ若く私が生まれてまもなく、父の転勤で借家住まいをしていた頃の話。
裏に住んでいる母子と親しくなりその母子の身の上を知るところとなる。

母より随分年上の女性は元芸者さんで、はっきりとしたお顔立ちの綺麗な方だったとか。
裕福な方のお妾さんだったそうで、一緒に暮らしている娘さんとは血の繋がりがない。
にもかかわらず、二人はいつも仲良く、美味しいものを手作りしては一緒に食事をとる。
質素だけれど、綺麗な暮らしぶりが印象的で、若かった母のお手本になったらしい。
お裾分けを頂いたり、子守りをしてもらったり随分お世話になったとか。

その後、転勤でその地を離れる時に頂いたものの一つが、このお盆というワケ。
母の虚ろな記憶では、その方が使っていたお盆だったではないか…と。
何年か後、NHKの老人ホームを取材した番組を見ていたら、その方が映った。
父と母は、その母子が離ればなれになった事を知って、複雑な心境だった。と。

一枚板を掘った、ケヤキのお盆。かなり傷や焼痕とかあるけど、とても大事なものの一つ
だった。このお盆の出生?を知ってますます愛着が増したわさ。随分現役の長いお盆さん
ですこと。これからも、ず?っとよろしくっ!!
今はきっと亡きその方に、小さかった私からの恩返しをさせていただきますよー!

あ、塩らーめんは、かなりイケてた。ポイントは「あぐら」です。きっと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。